美容室開業予定の美容師が知っておきたい「美容室開業基礎知識」

独立資金・創業融資、事業計画書から届出、スタッフ採用、決算・節税まで。

こちらのコーナーではごく一般的な内容についてご説明させていただく予定です。レアケースなどについては割愛させていただいております。詳しい内容について相談時に税理士にご確認ください。

今後の記事掲載予定

融資を受ける

創業計画書

法人と個人、どちらで起業する?#1

法人と個人、どちらで起業する?#2

  • 個人と法人、どちらで始めるべきなのか?
  • どのタイミングで法人化するべき?
  • 法人化することで、何が変わるのか?
  • 社会保険の違い

届け出

  • 保健所への届け出
  • 税務署への届け出
  • 青色申告
  • 確定申告

スタッフを採用するには

  • 労災保険
  • 雇用保険
  • ハローワーク
  • 法定労働時間
  • 最低賃金
  • 法人か個人事業かで変わるスタッフの社会保険
  • 毎年必要となる手続き
  • 助成金

決算と節税

  • どのような業務があるのか?
  • 節税対策とは
  • 決算日について
  • 控除を受けるには

免責事項についてはこちらを参照ください。

この記事を書いた人 税理士・行政書士 和田武史

和田税理士事務所代表
美容室の開業資金(日本政策金融公庫融資)と確定申告をサポート。経営革新等支援機関に認定されている税理士で、これまでに融資成功多数。事務所では美容室の助成金などの相談も受け付けております。

美容師さんの相談ホットライン

06-4708-7140

メール(24時間受付)

  • 開業融資を受けたい
  • 確定申告を丸投げしたい
  • 今の税理士に不満がある

美容業特化低価格で高品質!

無料相談電話受付:平日・土曜 9:00~17:30

面談時間:平日・土日祝日 9:00~21:00(要予約)

運営:和田税理士事務所

今すぐ LINE で相談予約してみる!