融資を受ける(1)

創業融資とは

創業融資とは、独立し、お店を開業するために借りるお金のことです。自分で用意することのできたお金で足りなければ、どこからか借りなければなりません。借りる先としては、次の3つがあがられます。

  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会付き融資
  • プロパー融資

日本政策金融公庫

国が100パーセント出資している政策金融機関です。これから事業を始めようとする人や、すでに事業をしている人に必要な資金を融資します。
低金利で、長期に借りられるなど、借りる側にはたいへん有利な融資制度です。開業には倒産のリスクがありますが、日本政策金融公庫では積極的に融資を行っています。

日本政策金融公庫のホームページ

信用保証協会付き融資

信用保証協会は、美容室を開業しようとする人が金融機関から資金を調達するときに、保証人となって融資を受けやすくなるようにサポートしてくれる公的機関です。
信用保証協会の保証があれば、民間の金融機関からお金を借りることができます。万が一、お金を返せなくなったとしても、信用保証協会が金融機関に立て替えてくれるからです。ただし、立て替えてくれた信用保証協会に対して返済の義務がなくなるわけではありません。

プロパー融資

プロパー融資とは、信用保証協会をはさまずに、直接金融機関からお金を借り入れる融資のことです。信用金庫など、民間の金融機関でも創業資金の融資を行っています。しかし倒産のリスクがあるため、プロパー融資を受けるのは簡単なことではありません。

日本政策金融公庫と信用保証協会付き融資、両方から資金を調達する

日本政策金融公庫と信用保証協会付き融資の両方で、資金を調達する方法もあります。この場合のメリットは、日本政策金融公庫と信用保証協会のそれぞれからすれば、単独で大きな金額の融資をするリスクを下げられるということです。つまり、金額が小さくなるため、融資を受けられる可能性が高まるのです。
一方で、デメリットもあります。それは、公庫と協会の2つのハードルを越えなければならないということです。たとえば日本政策金融公庫から融資を受けられることになっても、信用保証協会から融資を拒否されてしまえば、資金不足で開業には至らなくなる場合もあるのです。

中小企業経営力強化資金

日本政策金融公庫には、中小企業経営力強化資金という融資制度があります。これは、外部の専門家(認定経営革新等支援機関)の指導や助言を受けて、融資の申し込みをするというものです。
この融資のメリットには、次のようなものがあります。

  • 自己資金が必要ないこと
  • 金利設定が低いこと
  • 融資スピードがはやいこと

中小企業経営力強化資金

創業融資を受けるためのポイント

日本政策金融公庫のホームページでは融資制度一覧を掲載しています。このうち、美容室は一般貸付(生活衛生貸付)に区分されています。

一般貸付(生活衛生貸付)

ここでは、美容業の限度額は7,200万円となっています。ただし上限を融資してもらうには、不動産や有価証券などの担保が必要になります。
担保を不要とする融資の上限は、4,800万円です。

担保を不要とする融資

日本政策金融公庫で融資してもらうのに必要な自己資金

日本政策金融公庫を利用する場合、融資に必要な自己資金は融資額の10分の1以上が必要といわれています。2000万円の融資の場合、自己資金は最低で200万ということになります。

一方、民間の金融機関から融資してもらうのに必要な自己資金は、借入金額の3分の1以上といわれています。

この記事を書いた人 税理士・行政書士 和田武史

和田税理士事務所代表
美容室の開業資金(日本政策金融公庫融資)と確定申告をサポート。経営革新等支援機関に認定されている税理士で、これまでに融資成功多数。事務所では美容室の助成金などの相談も受け付けております。

これから開業・開業2 年目ぐらいまでの美容師さんの相談ホットライン

  • 開業融資を受けたい
  • 確定申告を丸投げしたい
  • 今の税理士に不満がある

美容業特化なので低価格で高品質!コルテに相談

無料相談のご予約

06-4708-7140(平日・土曜9:00~17:30)

メール(24時間受付)

面談時間:平日・土日祝日9:00~21:00

運営:和田税理士事務所

いつでもお問合せが可能です。お電話は21時まで!