美容室とLINE

美容室のメールマーケティングはLINE@から始めてみよう

近年多くのショップが取り入れている「ワントゥワンの顧客対応」の配信ツールの中心はメールでしたが、最近はLINEでもメールマーケティングの施策を実施している美容室が増えてきました。

美容室の増販を考える上で「新規客の顧客獲得」、「新規で来店してくれた顧客の再来店」、「固定客化」の3点が重要事項として浮かび上がりますが、メールマーケティングは一度接触した顧客(新規で来店してくれた顧客の再来店、固定客化)に対しては非常に有効であるのは言うまでもなく、LINE@の場合はこのメールマーケティングをさらに効果的にできる可能性を秘めたものであります。
また、LINE本来の機能である個別のコミュニケーションを行う1:1トークについては、来店予約としての活用性もあるため、電話予約対応の省略化など業務効率化にも貢献してもらえるものであります。2つの角度でLINEを使い込めば、美容室にとって集客と業務効率化という大きな問題を手助けできるかもしれません。

美容室が使えるLINE@とは

LINEには大きく分けて4つの登録方法があります。

  • 通常皆さんが利用する通常のLINE
  • LINE公式アカウント(初期費用、毎月費用ともに数百万円、大企業などが利用)
  • 法人・個人事業主(店舗)が登録可能なLINE@認証済みアカウント
  • 個人の登録が可能なLINE@一般アカウント

今回ご説明させていただいているのは「法人・個人事業主が登録可能なLINE@認証済みアカウント」もしくは「個人の登録が可能なLINE@一般アカウント」になります。フリーランス美容師さんは「個人の登録が可能なLINE@一般アカウント」を利用すればよろしいかと思います。

細かい機能の説明はいたしませんが、認証済みアカウントはLINEによる審査が必要です。基本的に法人・個人事業主(店舗)が対象です。審査を通過している点では顧客からの信用は得やすくなると言えます。また、LINEアプリでキーワード検索の結果にでますので、見込み客の発掘にも役立つ可能性があります。

LINE@の登録はこちらから

LINE@メールマーケティングの可能性

LINE@でのメールマーケティングを考えたときに、一番の可能性は開封率にあります。通常のメールアドレスでのメールマーケティングはIT化が進んだこともあり、htmlメールの作成なども簡単にできるように変化してきましたが、開封率は年々低下しているのが実情です。LINEは一般的なメルマガに比べて開封率が数十倍になることもあります。一斉メールの宣伝性に比べ、LINEのほうが、顧客が持つワントゥワンの印象が強いというのが理由に挙げられます。

美容室におすすめのLINE@の機能

美容室におすすめのLINE@のメールマーケティングの機能として3点ご説明させていただきます。

  1. 友だち登録してくれた友だち全員にメッセージを一斉送信する機能
  2. 自動応答メッセージ機能
  3. クーポン配信

1.友だち登録してくれた友だち全員にメッセージを一斉送信する機能

メールマーケティングの基幹となる機能ですが、友だち登録してくれた顧客に対してメッセージを一斉に配信することができます。配信の事前予約もできます。

自動応答メッセージ機能

自動応答メッセージ機能の中でも「友だち追加時あいさつ」は非常に有効です。美容師の方は普段忙しいので、LINEのメッセージを随時確認することも難しいかと思いますが、この機能は友だち追加してくれた顧客に対して、即時に返信が可能なので印象がだいぶ変わると思います。

クーポン配信

予約が埋まっていない時期などは500円割引などのクーポンでの集客も有効だと思います。この機能ではクーポンを作成することはもとより、クーポンの開封数や使用数も確認することができます。

当事務所でもLINEによるお問い合わせを受付けておりますので、是非ご利用ください。
こちらからどうぞ

この記事を書いた人 税理士・行政書士 和田武史

和田税理士事務所代表
美容室の開業資金(日本政策金融公庫融資)と確定申告をサポート。経営革新等支援機関に認定されている税理士で、これまでに融資成功多数。事務所では美容室の助成金などの相談も受け付けております。

美容師さんの相談ホットライン

06-4708-7140

メール(24時間受付)

  • 開業融資を受けたい
  • 確定申告を丸投げしたい
  • 今の税理士に不満がある

美容業特化低価格で高品質!

無料相談電話受付:平日・土曜 9:00~17:30

面談時間:平日・土日祝日 9:00~21:00(要予約)

運営:和田税理士事務所

今すぐ LINE で相談予約してみる!